<< 新規生徒募集のお知らせ | main | セミナーのお知らせ >>

難しい問題

0
    昔からあることなのですが、レッスンの現場では多くの講師の間で頭を悩ませることがいくつかあります。

    私の教えに行っている山野ミュージックサロンでは今度生徒のみなさんに向け会員規約を配ることになりました。
    個人で教えている私の生徒にも事前にレッスン規則を提示しているので、さほど問題にはなりませんが、中には常識の範囲を逸脱した生徒さんもおられるようです。

    具体的にお話し致します。
    ジャズの場合は楽譜になって市販されていない曲も多くあるために、どうしてもその曲を弾きたいとおっしゃって、私に採譜(メロディやコードを聴いて楽譜にすること)を依頼される方がいます。
    また、ご自分の耳ではCDのアドリブフレーズが採れないのでアドリブを弾いている部分を楽譜にしてくれとおっしゃる方もいます。
    私の場合は特にレッスンだけでなく、アレンジや採譜の依頼もプロとして承っているので、レッスン時間外の依頼ははっきりとお断りしています。
    自分の興味がある楽曲やプレイヤーの演奏であれば、自分自身も勉強になりますし、今後の役に立ちますので、自ら好意で採譜をして差し上げることもあります。
    しかし、基本的にプロの仕事ですので無料の依頼は請け負うことはできません。
    仕事として対価をお支払い頂くことになります。

    例えば、you tubeで演奏していた誰それの〜と言う曲をCDが出てないのでメロディとコードをとっていただけませんか?などのようにメールが来ることもあります。
    自分は生徒だし、レッスン代はちゃんと払っているのだから、これくらいは無料でサービスしてくれても・・・との気持ちがあるのでしょうか?
    私のように絶対音感があっても音を採るということはその時間に神経を集中し、研ぎすまして音を聴かなければいけません。ましてや、楽譜にするということは手間もかかります。時給+技術料も掛かってくるわけです。

    今後、そのようなご依頼をされたい生徒さんはレッスン外の仕事としてご相談下さい。
    本来ならば、ご自分で採譜をしなければ勉強にならないことは以前もこのブログでお書きしました。また、自分で採れないレベルであれば、採れるような耳になるまで楽譜が売られていないような特殊な曲を選ぶのはお控えになるのがベストです。スタンダードを忠実にレッスンで弾けるようにしましょう。

    生徒の方の中には、初心者にもかかわらずヴォーカル用の楽譜をピアノ用のキーに一生懸命に楽譜に移調して書き直してくる方もいます。レッスンではコードネームや音符が間違っている場合にはすぐに直して差し上げています。このように努力されている方もいらっしゃるのです。

    その次には楽譜のコピーについてです。
    ジャズを勉強されているほとんどの方にはリアルブックというジャズのスタンダードが何百曲も入っているメロディとコードの付いた楽譜を購入していただいています。
    昨今、コピーなどができるようになったため、CDや楽譜の売れ行きがだいぶ落ちています。
    音楽書を執筆している立場上、コピーは大変好ましくないと思っております。
    ご自分で弾きたい曲はネットでも楽譜が手に入れられますので、ご自分でご用意お願いします。
    たかが1曲弾きたいだけなのに、何曲も入って1冊数千円もする楽譜を買うのがもったいない、
    とおっしゃる方もいます。しかし、本来なら楽譜のコピーも違法なのです。
    いつもご自分で用意なさらずにコピーした楽譜をもらうのが当たり前と思っていらっしゃる方々へ、その著作権で食べている人もいるということをお考え下さい。

    かなり、重い物言いになってしまいましたが、私の切なる思いです。ご理解下さい。

    最後になりましたが、これは今後の課題としてレッスンを展開している楽器店や講師たちを悩ませていることです。

    どこまで容認するのか?次のことについては講師の裁量に任されています。

    最近は音響機器の優れている物が個人でも安価に手に入れられるため、レッスン場に持ってきて録画や録音などをされる方が増えています。
    私は了承していませんが、他の講師の話ですと、事前になんの断りも無く勝手にレッスン内容をビデオに録画された生徒さんもいたようです。
    これは主催している楽器店側でも長年の問題になっているようです。
    レッスンに関わらず、予備校などの授業を録画、録音をしている生徒が後を絶たないと言います。
    講師は演奏のプロでもあります。講師に自分の課題曲を演奏依頼し録音するということはレッスン外のことと私は思っています。
    これも以前、このブログで書きましたが、体験レッスンでも通常のレッスンでも、レッスンの流れとは関係なしに突然、弾いて下さいと生徒から言われるのはいい気がしません。
    初心者の方で、この方にはどうしても弾いたものを後で聴いていただき、復習してもらう必要がある方には快く引き受けています。
    レッスン中に急に録音機材をバックから取り出して、市販の楽譜を弾いてくれと依頼されるかたや、アドリブを弾いたのを録音したいとおっしゃるかたがいらっしゃるのには驚きです。
    初見(その場で始めてみた楽譜を演奏すること)が得意なので、滅多に間違えることはありませんが、録音されるとなると後に残る物ですから私の実力が問われますし、一発録りなので気を抜けません。ちょこっと生徒に頼まれて録音するのだから手を抜いてもいいだろうということにはなりません。
    ご自分ひとりで楽しむ、勉強するため、とおっしゃってもプロの演奏を録音するわけですから、快くご要望にお応えするわけにはいきません。
    私としても今後何らかの対策を検討したいと思います。

    私の場合はCDを出していますが、ネットやyou tubeなどのフリーの媒体に演奏などはアップしておりませんので、安易に録音に応じることはしたくありません。
    そこのところをご理解頂き、通常レッスンを受けていただいている生徒の方と同じように規則を遵守して楽しくレッスンいただきたいと思います。


    HPトップに戻る



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    苦手な楽譜もスラスラ読める! 初心者のかんたんピアノ入門(CD付)
    苦手な楽譜もスラスラ読める! 初心者のかんたんピアノ入門(CD付) (JUGEMレビュー »)
    遠藤 尚美
    音符リーマンズというキャラクターがリズムや音符を解説して楽しくピアノの学習ができますよ♪
    recommend
    ビギナー用楽器入門 ポピュラーピアノが弾けちゃった (ビギナー用楽器入門)
    ビギナー用楽器入門 ポピュラーピアノが弾けちゃった (ビギナー用楽器入門) (JUGEMレビュー »)
    遠藤 尚美
    すぐに有名な曲を弾きながら楽しくピアノを学べますよ♪
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM